老化を遅らせる栄養素がある?

老化とは、年齢を重ねる事によって体に起きる様々な変化の事を言います。
これは生物に起きる現象で、その変化は死に至るまで続いていきます。
植物の場合には、成長を続けて葉が散っても、時がくれば再び芽が出てきます。
しかし、生物の場合は、変化を続けて死に至った段階で終了となります。
つまり、植物に関しては老化という変化の仕方は当てはまらないと言えます。

老化の代表的な現象としては、筋力の低下や骨の強度の低下による骨粗鬆症の発症、脳の機能の低下による認知症の発症等があります。
老化による変化は嬉しくない変化が多いので、この変化を出来るだけ遅らせるように対策を講じるのも一つの考え方です。

老化を遅らせるために効果的な事として、運動や食事等に気を使うという方法があります。
まずは運動に関してですが、筋肉というものは鍛える事によって何歳になろうとも発達させる事が可能です。
なので、ウォーキング等の運動を無理のない範囲で続けると良いです。

二つ目の食事についてですが、こちらは栄養バランスの整った食事を心掛ける事が大切です。
また、老化を遅らせる栄養素を積極的に摂取する事も重要です。
例えば、ビタミンB群やβカロチン等を摂取すると良いです。