更年期障害症状ランキングからのうつ病や早漏症の原因

更年期障害は少し前まで、女性だけに見られる体調不良だと考えられており、男性側の研究が非常に手薄となっていました。
近年ではようやく男性更年期障害の存在が認められて、中高年期特有の症状の原因が判明しました。
かつては厄年の男性は体調を崩しやすい等といった半ば迷信的な警句しかありませんでしたが、その厄年前後に現れる体調不良の正体は何も魑魅魍魎が原因ではなく、単なる更年期障害でした。

男性更年期障害には複数の症状があり、男性機能が減衰するものもあれば、自律神経が乱れるものもあります。
症状のランキングでは、下半身関係の症状が最も上位です。
中高年期になりますと、テストステロンの値が減衰し、性欲の減少や勃起力の低下が現れます。
またED、それから発生する早漏症も広義の更年期障害です。
そして下半身関係の症状として、性機能を除けば、尿切れの悪さやトイレの回数が増える等、排泄に関する不具合も出て来ます。

次に男性更年期障害のランキングで上位に来るのが、自律神経関連の不具合になります。
テストステロンが減少する事で、気持ちのコントロールが自律的に進められず、
なんとなく憂鬱な気分になる、心臓の鼓動が乱れる、集中力が散漫になる、不安から来る性交時の早漏症の出現などが症状としてあります。

共にテストステロン値の減少が背景にあり、その影響によって男性ホルモンのバランスが乱れ、そこから早漏症やうつ病、ED、頻尿、動機、強迫神経症といった問題が現れます。
また男性更年期障害の症状ランキングでは下位に位置づけられますが、女性の更年期障害と似た症状が出るケースもあります。
高血圧や不眠症、筋肉痛、肩こり、腰痛、体のほてり等、そういったものは女性だけの症状ではなく、中高年期の男性もまた対策を打たなければいけない問題です。